審査が甘いところこそ他社からの借入も正確に

他社からの借入は、結局は審査時にわかってしまうことなのですが、意外と間違えやすく、そのために信用がマイナスになってしまこともあります。

色々なローンの種類がありますが、簡単な判別の方法は「お金の使い道が明確になっていないローン」このように担保がないものを無担保ローンといい、他社の借入に該当するものです。

クレジットカードについては、お店で買い物をして月々支払いがある場合は該当しませんが、キャッシングを利用している場合は、他社からの借入に該当します。これは、一般的な例ですので、必ず申込の際に何が当てはまるのか確認したほうが良いでしょう。

なぜ、確認が必要なのかというと、キャッシングやカードローンの申し込みの際は、あなたの担当者が、過去の借入れなど、すべての情報を入手します。そのデータを下に審査をしますが、その情報とあなたの申請が大きく違う場合は、「嘘をついている」とみなされてしまうのです。

これが、他の審査が基準をクリアしていても結果的に審査に落ちてしまう原因の一つです。もちろんわざと少なめに嘘をついて提出する人ばかりではなく、正確に把握しておらず知識がなかったために、結果的に嘘になってしまう人も多いのです。

わからないことは調べて、現在の借入件数や、借入残高は正確に申告しましょう。>>>参考 おまとめローン